HOME成年後見> 費用と報酬

費用と報酬

成年後見の申立に伴う必要な費用のご説明です。

    
費用の目安
申立収入印紙 3,400円 ※1
郵便切手 4,300円 ※2
鑑定費用 5万〜10万円程度
※3
※1 補助や保佐の申立ての場合、別途800円の追加印紙が必要になります。申立書に貼付し、消印はしません。
※2 申請する家庭裁判所で必要とする郵便切手が異なります。申立前に確認しましょう。
※3 申立後の精神鑑定をするか否かは、申立を受けた家庭裁判所が判断します。よって、この費用がかからない場合もあります。
    
報酬の目安
後見申立に関するサービス内容 報酬の目安(税別)
後見の申立書作成 10万円〜※
(1)申立に必要な戸籍等の書類収集 1万円〜
(2)その他後見申立に必要な手続 内容による
医師の診断書 手配 5万円〜
特別の理由による遠方への出張日当 2万円〜
後見申立に関する助言、相談 無 料

※後見の申立書の報酬には、(1)(2)の費用が含まれています。

上記は一般的な後見申立の場合の、報酬の目安となっております。
ただし、司法書士報酬は、目的となる財産の量やや手続内容の複雑さにより変動します。
詳細につきましては、お見積もり致しますので、お気軽にお問い合わせください。


成年後見に伴う不動産の名義変更をする際のモデルケースをご紹介いたします。

モデルケース
財産 通帳3通、不動産2つ(土地・建物)、生命保険
申立地 東京家庭裁判所(成年後見申立)/精神鑑定(ない場合を想定)
診断書 手配必要(診断書作成の医師を検索して作成依頼)
総合計金額(税別) ※ 16万6,750円 
実 費
1. 不動産謄本(2通)、固定資産評価証明書(2通)に取得
4,000円
2. 戸籍7通の取得費
4,050円
3. 郵送(書留、レターパック等)、交通費
8,700円
報 酬
1. 医師の診断書
5万円
2. 申立報酬【内訳】
・必要書類の収集
・事前の権利関係の調査
・家庭裁判所との打合せ(必要に応じて)
・必要書類の作成
(1)財産目録
(2)収支状況報告書
(3)申立事情説明書
(4)後見人候補者事情説明書
(5)親族関係図
(6)その他必要書類
・申立て同行
10万円
まれに、後見申立の総合計金額を低価で表示しているホームページ等がありますが、多くの場合、実費のみを掲載している可能性があります。ご注意ください。
    お申し込み>




⇒ 成年後見 申立書作成ご依頼の費用は こちら